2013年10月17日

艶やかな若草

伊藤君と円先輩の続きになります。
http://drink110.blog29.fc2.com/blog-entry-269.html

 いきなり体が軽くなる。あさひがレモンの上へと投げられた。
「青樹さん!」
 伊藤若葉は瞳に涙を浮かべながら、目の前に立つ雄々しい夫を見上げた。
「若葉、大丈夫か?」
「はい!」
 円青樹が上から舐めるように若葉を見る。若葉は咄嗟に勃起したズボンの膨らみを両手で隠した。
「ふうん……あさひ君に感じさせられたのか」
「いえ……その。あの」
posted by Fujima at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。